2005年07月22日

人民元切り上げ・・・

〜7/22為替情報〜
日本投資ゼミナール為替担当講師山中康司氏コメント


人民元切り上げの報を受け円が急騰しました。各紙一面にも大きく
報じられていますので詳細は省きますが、(1) 8.28レベルから8.11
へと2.1%の切り上げ、
(2) 通貨バスケットを導入し変動幅は当面0.3%という内容です。切
り上げの時期が予想(8月)より早かったこと、また切り上げ幅が
予想(3%)より少なかったことから為替相場は円を中心に大きく動
いています。

ドル円は、人民元切り上げ直前の112.40レベルから一気に109.90レベ
ルまで振り落とされました。ドル円の場合いくらが妥当なのかという
ことは簡単には言えない面もありますが、通貨バスケットを採用し
当面の人民元の上限となる切り上げ幅+変動幅の2.4%を112.40から
引いてあげると109.70となり、昨夜の安値はそれなりに納得の出来る
(?)安値であったとも言えるでしょう。今後、年内どこかの段階で
人民元の再切り上げの話は出てくるものと考えられますが、こうした
ことから当面の極端な円高予想には注意を要します。

さて、荒れた翌日しかも週末を控え本日はどのうような展開になるで
しょうか。平均足は陰転しているものの、目先は昨夜の安値圏となっ
た109.90レベルをサポートに、調整のドル買戻しが先行しやすい状況
にあると考えます。レジスタンスとしては、基準線の位置する110.94
があげられます。

ユーロ円も円急騰の影響をまともに受け、一時133円台半ばまで急激に
値を下げました。こちらも平均足は陰転しています。切り上げ前の水
準が136.80レベルでしたから、ドル円以上の下げを演じたことになり
ます。昨日までユーロ円での買いが膨らんでいたことも大きな下げに
つながった理由のひとつです。
ユーロ円も昨日の安値圏となった133.50レベルをサポートに、大きく
は転換線(135.38)がレジスタンス、目先は134.50レベルも頭を抑え
られやすい水準です。

ユーロドルも上下に振れる展開となりましたがNYクローズでは前日に
比べややユーロ高の変動に収まっています。アジア通貨ではありませ
んので、動きが少ないのはある意味当然なのですが、今後ドル円の動
きにつられてユーロ高(ドル安)の動きが出てくる可能性もあります
ので注意は必要です。現状は、転換線(1.2105)をサポートに、雲の
下限(1.2272)をレジスタンスとしています。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミュウミュウ 財布   2013年12月22日 13:00
Alyosha looked tenderly and passionately at Natasha.
ミュウミュウ 財布 http://m-s-flower.com/photo/miumiu3.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
資料請求 株式会社GCホールディングス




今なぜ投資 株式会社GCホールディングス
株価 株式会社GCホールディングス

会社名または証券コードを入力してください。
社名、証券コードの

検索
もできます。





詳細情報



おすすめリンク集 株式会社GCホールディングス
東京IPO
- 日本の新規公開株情報のデータベース。メールマガジンも。 検索もできます。

日本投資ゼミナール
- 株式・為替セミナー開催!
moblog