2005年04月28日

株式会社GCホールディングス レポート

ギャンの価値ある28のルール(その1)

ウィリアム D. ギャン(1878〜1955)は20世紀前半に活躍し、伝説化された商品・株式のトレーダーで最も成功したテクニカルアナリストの一人でもあります。
晩年になって、彼がトレーディングに成功したルール、考え方を体系化したのがギャン理論です。
彼の理論の中心は、「時間は全ての要素の中で最も重要なもので時間という要素は値動きの大きさ、出来高という2つの要素に勝る程重要である」(「商品で儲ける法より」)そしてギャン理論は「相場観測法」「予測法と建玉法」「運用ルール」に大別されます。今回は特に有名な「価値ある28のルール」を紹介していきたいと思います。

第1条 資金配分を厳密にすること。売買に用いる総資金を10等分し、1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。
第2条 ストップロスを必ずおくこと。損失限度を計算した上、ポジションを持つと同時に行うこと。
第3条 過剰な売買を決してしないこと。資金配分に従ったポジション量を厳守すること。
第4条 利益を確保した後は損失とならないように、ストップロスを変更すること。
第5条 トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信がもてないときは売買しないこと。
第6条 迷った時は手仕舞うこと。迷った時はポジションを持たないこと。
第7条 活発に売買され、値動きのある市場で売買を行うこと。
第8条 リスクを分散し、資金の集中を避けること。
第9条 指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。
第10条 確固たる理由なしに手仕舞いしないこと。


      


株式会社GCホールディングス 
株式会社GCホールディングスブログ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
資料請求 株式会社GCホールディングス




今なぜ投資 株式会社GCホールディングス
株価 株式会社GCホールディングス

会社名または証券コードを入力してください。
社名、証券コードの

検索
もできます。





詳細情報



おすすめリンク集 株式会社GCホールディングス
東京IPO
- 日本の新規公開株情報のデータベース。メールマガジンも。 検索もできます。

日本投資ゼミナール
- 株式・為替セミナー開催!
moblog